読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミキサー実践研修開始!-Radio D FMドラマシティーとの関わり-

ラジオ

昨年1月22日から縁があって出入りするようになった札幌市厚別区発信のコミュニュティーFM「Radio D FMドラマシティー」。

「降りていくラジオ」にゲストとして出演した翌週1月29日、出演者はたった二人ということで、いきなりアシスタントに。この時が何度聴き直しても、最も酷い滑舌の悪さだと実感しました。

年度が変わって4月からは現在に至るまで月毎に選曲テーマ(4月・春、5月・生と死、6月・雨で始まり、先月は恋愛、今月は花)を決めて音源を用意しています。6月4日、初の代行パーソナリティに。聴き直しても反省材料ばかり残りましたが、かなりドキドキしながらも何とか務め上げたつもりです。

代行パーソナリティとアシスタントを務める回数が増えたことによって、間接的ではありますが聴きやすいとの声を戴くようになり、更なる一歩として届いたメールに気持ちを込めて読み上げるというこだわりを持つようになりました。

年が明けてからfacebookに登録するようになり、途切れがちになっていた繋がりをゆっくり戻しながら、新しい繋がりを増やしてきています。

そんな中、偶然にも「篠田大作生活科学研究所」に出演するチャンスをもらいました。篠田君と出会ったのは13年前。勿論篠田君が既に番組を持っていることは知ってましたが、土曜日の昼間だと基本はデイケア通院の日と決めていたし、他のゲストさんの兼ね合いもあるだろうから厳しいかなと思ってダメ元で頼み込んでみたらOKをもらえて3月28日ゲスト出演。

本日は2回目で、新コーナー「ドッカンスポーツ」のゲストに。5月5日出場の日刊スポーツ豊平川マラソンレポートが目的でした。マラソン大会出場の度に出演できるかもしれません。

ところがこれだけで今日は終わらなかったのです。篠田君の紹介で17時からの「MARUの時間」に17時30分~19時の間、ミキサー実践研修を受けることになりました。MARUさんはRadio D FMドラマシティーの放送局長です。実は、一度だけお見かけしたことはあったのですが、その時は局長だと知らなかったのです。今回名刺を差し上げてご挨拶できて大変光栄でした。更に、「某さん(中学校合唱部の先輩)知ってるよね?」と言われて、益々嬉しかったです。暫くは局長直々に鍛えられていく予定です。

余談ですが、「MARUの時間」で初めて知ったこと。局長も私と同じ「ひろき」という名前だった!